順天堂大学医学部大学院 金子和夫先生

◆金子和夫先生のプロフィール

 

金子和夫先生は1985年に順天堂大学医学部大学院の医学研究科博士課程を修了した後、同大学病院医学部の整形外科助手として医療現場でのキャリアをスタートされました。2010年には順天堂大学医学部整形学科の主任教授に昇任され、現在に至るまで研修医の育成、地域医療の発展に貢献を続けれられています。スポーツ医学を研究されており、日本体育協会公認のスポーツドクターでもあります。数々のアスリートから厚い信頼を得ている先生です。

 

◆金子和夫先生のレビュー

 

金子先生は順天堂大学病院で現場に立つスポーツ診療科の医師として多くの患者を救ってきました。特に怪我に悩むアスリートへの診療で高い評価を得ています。金子先生が対応した患者さんからレビューが届いていますのでご紹介しましょう。

 

テニスの強化練習中に股関節を痛めてしまいました。近隣でいいお医者さんを探したところ金子先生のことを耳にしました。診療では怪我の状況を詳しくヒアリングしださり、それに応じた診察も丁寧でした。想定していたより早く練習に復帰することが出来たので感謝しています。

弘前大学医学部附属病院 石橋恭之先生

◆石橋恭之先生プロフィール

石橋恭之先生は、1988年に弘前大学医学部医学科を1992年同大学医学研究科の解剖学を卒業し、現在は母校にて整形外科学の教授として活躍されています。主な研究分野は外科臨床医学、整形外科学など。医学博士号をお持ちの他、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会評議員、日本臨床バイオメカニクス学会評議員を歴任するなど、多岐にわたって精力的に活動されています。弘前大学医学部整形外科学に身を置く今も、後進の育成と指導にあたる他、地域に根ざした医療を目指して治療活動に取り組んでおられます。

 

◆石橋恭之先生の治療レビュー

整形外科の専門である石橋恭之先生は、これまで多くの患者さんの悩みと病に向き合い、一緒に病気の克服を目指して歩んでこられました。ここでは、実際に石橋先生の治療を受けて症状の改善に成功した患者さんの体験談をご紹介します。

 

私はリウマチの治療で石橋恭之先生にお世話になりました。もう高齢なので、多少の病は覚悟のうえでも、やっぱりリウマチと実際に診断されたときは、ちょっとショックでした。勝手な思い込みですが、自分の中でリウマチにかかったら一生抱えて生きていくようなイメージだったからです。でも、そんな深刻に構える必要のないことが、先生の説明を聞いて分かりました。私の場合、症状も軽度で済んだので、リハビリを重視した治療で改善できる、と石橋先生に説明され、本当に救われる思いがしました。何より、手術せずに済んだことが大きかったです。今のところ症状も改善し、少しずつ元の状態に戻りつつあります。先生には本当に感謝したいです

慶応義塾大学病院 松本守雄先生

◆松本守雄先生のプロフィール

 

松本守雄先生は1986年に慶応義塾大学医学部を卒業。その後は同大学病院で研修医、専修医としてキャリアを積まれた後、一度米国留学を経て2002年に慶応義塾大学に戻られました。専任講師、准教授とステップアップを重ね、2015年には医学部教授となられます。明治大学の相沢守助教授や上智大学の研究チームと共に人工骨の研究に取り組み開発技術に貢献しているほか、腰痛のスペシャリストとしてテレビ番組にも出演されています。

 

 

◆松本守雄先生のレビュー

 

松本先生の専門は脊椎です。また、腰痛治療のスペシャリストとしても知られています。腰、背骨周りに悩みを持つたくさんの患者さんが松本先生によって救われたと語ります。そんな方のなかから一人の女性の声をお届けします。

 

腰痛で悩まされていたとき、松本先生には非常にお世話になりました。老齢なのでもう生涯快方に向かうことはないと諦めておりましたが、腰痛の治療で有名な慶応義塾大学病院と松本先生の診察を受けることにしました。流石、評判のいい病院ということで多くの人が居ましたが、待ち時間も少なかったと思います。先生は腰痛の原因を詳しく説明してくださいました。物腰が非常に柔らかかったのも印象的です。その後、何度が通院して、現在は不自由なく生活出来ています。

 

久留米大学病院 志波直人先生

◆志波直人先生のプロフィール

 

志波直人先生は昭和57年に久留米大学の医学部を卒業された後、同大学病院の整形外科に入局されます。平成3年に米国Mayo医科大学バイオメカニクス研究室に留学され、翌年11月に久留米大学に戻られています。その後もステップアップを重ね、平成24年には主任教授に昇任されました。現在は久留米大学病院の院長、整形外科医師として活躍されています。「生命を慈しむ医療」を目指し、研修医の育成、地域患者の健康維持に努めています。

 

 

◆志波直人先生のレビュー

 

志波先生は久留米大学病院にてリハビリテーション、骨粗鬆症を担当されています。骨粗鬆症により骨が弱ってしまった数多くの患者さんを救ってきました。志波先生がご対応してきた患者さんの声からひとつをご紹介しましょう。

 

小さな衝撃により足を骨折してしまい、病院にいったところ骨粗鬆症と診断されました。久留米大学病院の志波先生を紹介していただいたのはその時です。志波先生にはお薬をいただき、膝周りの筋肉を鍛えるトレーニングを教えてもらいました。今でも骨もかなり丈夫になったようです。足腰がしっかりして転倒すること自体が少なくなりました。あのとき的確なアドバイスをしていただいた志波先生には今でも感謝です。

福島県立医科大学医学部 紺野愼一先生

◆紺野愼一先生のプロフィール

 

紺野愼一先生は1984年に自治医科大学を卒業し、その後は福島県立田島病院(現福島県立南会津病院)の整形外科に勤務されています。1993年には椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄の研究のためスウェーデンに留学されました。帰国後の1994年からは整形外科学講座に入局し、現在は同大学の教授としてご活躍されています。2012年に出版された「あなたの腰痛が治りにくい本当の理由 科学的根拠に基づく最前線の治療と予防」は腰痛のメカニズムをわかりやすく説明している書籍として高い評価を得ています。

 

◆紺野愼一先生のレビュー

 

紺野先生の担当は整形外科です。特に腰痛の関連書籍を出版されていることからも、多くの腰痛に悩む患者さんに対応されてきました。紺野先生がモットーとする「痛み」を理解した診療によって救われた患者さんの声をひとつご紹介します。

 

座り仕事が中心なので、腰痛は以前から悩みの種でした。紺野先生のことは腰痛に関する書籍を多く出版されている先生としてお名前は聞き及んでいました。実際にお会いしてみると、本から受けるイメージそのままの理路整然とした診療でした。もちろん私の症状に合わせたアドバイスも頂けましたのでとても感謝しています。ひとまずは痛みから開放されていますので、また再発したら紺野先生にお世話になろうと決めています。

 

大阪医科大学付属病院 根尾昌志先生

◆根尾昌志先生のプロフィール

 

根尾昌志先生は昭和58年に京都大学医学部を卒業しました。1994年から1996年まではベルリン自由大学付属ベンジャミン・フランクリン病院の病理学教室へと留学されています。2002年からは京都大学に入局され、2008年には准教授となります。2012年からは大阪医科大学の教授、そして整形外科の科長としてご活躍されています。京都大学時代は奇術研究会に所属し本気で手品の研究をしていたという根尾先生。今でもテーブルマジックの腕前はプロ級と言われています

 

◆根尾昌志先生のレビュー

 

根尾昌志先生の専門は脊椎外科です。椎間板ヘルニアに代表される腰、背中周りの痛み、病気を持つ患者さんに対応されてきました。先生の手術で痛みから開放された患者さんの声に耳を傾けてみましょう。

 

以前から足にしびれを感じていたのですが、深刻になってきたため病院に行ったところ椎間板ヘルニアと診断され手術が必要とのことでした。スペシャリストとして紹介されたのが大阪医科大学付属病院と根尾昌志先生でした。手術はとても不安でしたが、先生が詳しく説明してくれたので安心することが出来ました。無事、手術は成功し今では普通に歩けています。とても楽しく、感じのいい先生だったと記憶しています。